フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« SW77 VS SW7600GR | トップページ | DRAKE SW8@ Jazz America♪ »

2013年1月 5日 (土)

SW77 VS SW7600GR...2

今回のSW77 VS SW7600GRの検証結果について

早速「bocotawanta」さんより

    
>SW7600GRの感度は

>設計上あえて落としているのかもしれないですね

>私のATS-909Xと7600GRを使った感想ですが感度に関しては909Xが上です

>しかし微弱な南米、アフリカ方面(特にローバンド)を受信する場合は

>7600GRの方が良いです(外部アンテナ使用)

>またSW7600GRは乾電池の使用で感度が減衰していました


との興味深いコメントをいただきました

ありがとうございますm(_ _)m

...

...

...

ということで

...

...

...

本日早速(*^-^)

...

...

...

あらためて検証をしてみました


今回は検証は

受信機に外部アンテナ「ALA-1530S+ 」をつなげ

そして...

Img_6651_3

Kenwood_R5000_USA受信機も

急遽参戦して

Img_6655_2
SW77は裏面にスタンドがあるのでこのように受信しています


Kenwood_R5000 VS SW77 VS SW7600GR

通信型受信機 VS ポータブルラジオで検証してみます


また

>SW7600GRは乾電池の使用で感度が減衰していました

とのコメントもありましたので

Img_6659

SONY_ACE60L 6V電源での受信になります


今回の放送局はRadyo Pilipinas Overseas

受信日時は2013年1月5日で結果は下記のとおりです


JST:11:45〜

☆R5000

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_35333


☆ICF-SW77

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_ 35333


☆ICF-SW7600GR

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_25222


JST:12:10〜

☆R5000

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_ 3〜43333


☆ICF-SW77

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_34333


☆ICF-SW7600GR_34333

Radyo Pilipinas Overseas_17700kHz_2〜35222


Radyo Pilipinas Overseasは

1時間ほど音楽を楽しみながらの受信

受信信号がよくなったり悪くなったり

突然混信が出てきたりの受信結果でした


具体的に上記の検証結果をご説明しますと

JST:11:45〜の受信状況化のなか

R5000とICF-SW77のSINPOでの受信感度は同じ数値ですが

実際に聞き比べるとR5000信号の強さは4に近い値であって

さすが一歩上手

R5000はKenwoodの名機と呼ばれるほどの受信機です


一方SW7600GRにおいては...

SINPOの数値は25222の結果で苦戦しています


ただし

JST:12:10〜の受信状況ごろから混信が現れた時に

R5000はかなり混信に影響を受けてきました

が...

一方SW7600GRのSINPOの数値は2〜35222で

混信の影響はまったくなくR5000から比べると

信号は弱くても混信がないので聞きやすい結果になりました


そうなると

>設計上あえて落としているのかもしれないですね

>微弱な南米、アフリカ方面(特にローバンド)を受信する場合は

>7600GRの方が良いです(外部アンテナ使用)

のコメントはさらに興味深い結果になりましたね


さて...

JST:12:10〜のICF-SW77は

もちろん混信の影響も受けましたが

R5000から比べると混信は弱く

この時間帯での受信での一番聞きやすさは

なんとICF-SW77

あらためてICF-SW77のすばらしさを発見しましたね


RX:KENWOOD_R-5000_USA
ANT: ALA-1530S+
PREAMPLIFIER:AMECO_PT3

RX:SONY_ICF-SW77
ANT: ALA-1530S+
PREAMPLIFIER:AMECO_PT3

RX:SONY_SW7600GR_USA
ANT: ALA-1530S+
PREAMPLIFIER:AMECO_PT3


追記

今回の検証ではR5000に実装されているSSBフィルター(YK-88S)

ICF-SW77&SW7600GRなどのWIDE/NARROW・同期検波などの機能は

あえて使用せずの検証結果ですのご了承くださいね(*^-^)


PS

7600GRの受信感度の設計のことで

SONYサービスセンターに電話をしたら回答してくれるかな(笑)


追記

ブログアップ後に「shigechan2008」さんより

専門的なご回答をいただきました

ご回答の内容はコメント欄だけでのアップですと

みなさんの目に触れることがないと思いましたので

そのままこちらにもアップさせていただきました


私のような素人には大変勉強になり

さらに楽しいBCLを楽しむことができそうです

感謝いたします

「shigechan2008」さん

いつもありがとうございますm(_ _)m

   

 今日は。比較レポートお疲れ様でした。

 簡単に説明するのは難しいかも知れませんが、

・まず混信を受けている状態というのは、受信機から見ると受信帯域内に強い受信波が
 存在する事になります。
 従って強い電波を受信し易くするようにAGCを掛けて受信機の利得を下げます。

・その結果、目的波よりも混信が強ければ利得が下がる分、弱い目的波は更に聞き取りにくくなります
 そこでナローフィルターやIFシフトなどの機能を使うと、受信帯域内から混信を排除して
 的確に目的波を受信出来るようになります。

・SW-77の回路を見るとLW、MW以外にSW帯を5つの帯域別フィルターで分割しています。

・R-5000の方は想像ですが、アマチュア無線機と同等の回路と推測されるので、
 もう少しバンドの分割 数が多いと思います。
 帯域分割すると色々な周波数帯で同時送信している大電力局(例えば出力1000KW)からの
 抑圧(妨害)を多少軽減出来ます。

・SW7600GRの回路構成は判りませんが、バンド切り替えスイッチが無いBCLラジオなので
 帯域分割していないと思います。
 バンド切り替えスイッチのあるラジオは、予め分割された帯域を切り替えるという事になります。
 上で述べたように帯域分割していないと抑圧や混信を受けやすくなるので、
 SW7600GRは受信感度を下げている可能性があります。

・混信が多い少ないというのは、中間周波数のフィルター帯域幅に大きく依存します。
 混信除去機能が充実していると
 思われるR-5000では、ノーマルの帯域はやや広めかも知れません。
 私の経験ではソニーのラジオはフィルターの帯域が狭い傾向で、
 混信は少ない設定になっているようです。
 なお、帯域が狭いフィルターは一般的広いものよりも損失が増えます。

・個々の機材の感度は、それぞれ取説に記載されていると思いますので、
 改めてご紹介下さると興味深いです。

 長々と書きましたが、Listeningさんのワッチ結果はリーズナブルな物で、
 別途コメントを寄せられた方の分析もおそらく正しい考えだと思います。

« SW77 VS SW7600GR | トップページ | DRAKE SW8@ Jazz America♪ »

SONY ICF SW77」カテゴリの記事

コメント

今日は。比較レポートお疲れ様でした。

簡単に説明するのは難しいかも知れませんが、

・まず混信を受けている状態というのは、受信機から見ると受信帯域内に強い受信波が存在する事になります。
 従って強い電波を受信し易くするようにAGCを掛けて受信機の利得を下げます。

・その結果、目的波よりも混信が強ければ利得が下がる分、弱い目的波は更に聞き取りにくくなります。
 そこでナローフィルターやIFシフトなどの機能を使うと、受信帯域内から混信を排除して的確に目的波を受信
 出来るようになります。

・SW-77の回路を見るとLW、MW以外にSW帯を5つの帯域別フィルターで分割しています。

・R-5000の方は想像ですが、アマチュア無線機と同等の回路と推測されるので、もう少しバンドの分割数が多いと
 思います。
 帯域分割すると色々な周波数帯で同時送信している大電力局(例えば出力1000KW)からの抑圧(妨害)を多少
 軽減出来ます。

・SW7600GRの回路構成は判りませんが、バンド切り替えスイッチが無いBCLラジオなので帯域分割していないと
 思います。バンド切り替えスイッチのあるラジオは、予め分割された帯域を切り替えるという事になります。
 上で述べたように帯域分割していないと抑圧や混信を受けやすくなるので、SW7600GRは受信感度を下げている
 可能性があります。

・混信が多い少ないというのは、中間周波数のフィルター帯域幅に大きく依存します。混信除去機能が充実していると
 思われるR-5000では、ノーマルの帯域はやや広めかも知れません。
 私の経験ではソニーのラジオはフィルターの帯域が狭い傾向で、混信は少ない設定になっているようです。なお、
 帯域が狭いフィルターは一般的広いものよりも損失が増えます。

・個々の機材の感度は、それぞれ取説に記載されていると思いますので、改めてご紹介下さると興味深いです。

長々と書きましたが、Listeningさんのワッチ結果はリーズナブルな物で、別途コメントを寄せられた方の分析も
おそらく正しい考えだと思います。

こんばんは
大々的に私のコメントをアップされますとなんか恥ずかしいです。
SW77とR-5000との比較は大変興味深いですね。
7600GRもSW77,R-5000が相手では結果は仕方がない気がします。
7600GRは嘗てのBCL全盛期よりも随分後発モデルなので機能も縮小されていますね。
せめてSメーター位は残して欲しかったです。
あと、私の感想でATS-909Xよりも感度が低い点は使い込めば理解できます。
外部アンテナ、特にアクティブANT.の場合、ローバンド以下ではATS-909Xはオバケだらけに
なりましたが、7600GRではそのようなことはなかったです。
その辺が感度低めの設定かと推測します。
専門的な知識はないのであくまで素人の感想ですが。^^
SW77ですがshigechan2008さんの詳細なご説明で私も大変参考になりました。
感謝いたします。
しかしアップ写真のSW77、カッコいいですねぇ~!
益々・・・物欲が・・・

shigechan2008 さん

こんばんは。

今回の検証結果についてのコメントありがとうございましたm(_ _)m

shigechan2008 さんの専門的なご回答は
とてもわかりやすく大変勉強になりました

これから...
さらに違う観点からBCLを楽しむことができそうです

今回はコメント欄だけではなくて
ブログにもご回答をアップさせていただきました

これからも
いろいろご指導よろしくお願いいたします


bocotawantaさん

こんばんは

今回bocotawantaさんからのコメントで
さらに検証をさせていただきました
ありがとうございますm(_ _)m

>外部アンテナ、特にアクティブANT.の場合、ローバンド以下では
ATS-909Xはオバケだらけになってしまうのですね...

あらためて...
SW7600GR&SW77の性能のよさにも再確認したところです

>アップ写真のSW77、カッコいいですねぇ~!

そうですか
ちょっと...
意識としてかっこよく撮影をしましたのでね(笑)

今晩は。

改行位置が今一なのと、送り仮名が抜けていたりと恥ずかしいですね。
最後に、私がいつもラジオの部品交換で心がけている”低雑音化”は結構重要な項目で、
ラジオの(部品)内部で発生する雑音レベルが高いと、弱い電波は雑音にかき消されて
しまうので、そうならないようにいつも部品を選別しています。

shigechan2008さん

こんばんは
いろいろありがとうございました

コメントをそのままコピーしてアップしたのですが
私のブログの改行の取り決めに(違う改行になっています)なってしまっています
改行を変更しても改善しません
失礼いたします

それと...
勝ってにブログにもコメントアップしたこと失礼いたしました
みなさまに読んでほしかったのでアップさせていただきました

これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

お早うございます。改行位置をご配慮下さり有り難う御座います。

SW-77はヘッドホンで聴くとFMをステレオで受信できるんですね。憶えがありませんでした(^^ゞ
低周波回路(オーディオ回路)の部品を幾つか交換すると、聞きやすい音質になると思います。
拙ブログのRF-B45、RF-B20、ICF-7500、ICF-SW22、SRS-F10などのページをご覧下さると部品の
様子が分かると思います。良かったら覗いて見て下さい。

shigechan2008さん

こんばんは。
外出しておりましたのでご返事遅くなりました

今...
SW-77はヘッドホンで聴いたらFMをステレオで受信できました
ありがとうございます。

早速「RF-B45、RF-B20、ICF-7500、ICF-SW22、SRS-F10」のページ
のぞいてみま〜す

どもども、コメントバックしました。

ここでもうひと語りだけ・・・。
部品交換で一番苦労したのはICF-7500です。AM/FM共に正常動作していましたから、
それでOKな人は部品交換なんか必要ありません。でも優れた部品と交換する事で、
雑音が減って明瞭な音になり、トーン切り替えもFMだとびっくりするほど効果が出る
様になりました。

とにかく本質的に優れた機材は、その性能を発揮させたいという親心?です。

shigechan2008さん

こんばんは(*^-^)

早速のご返事ありがとうございます♪

正常に動作していても...
メンテナンスは好きですよ(笑)

それも...
>優れた部品と交換する事雑音が減って明瞭な音になり
>トーン切り替えもFMだとびっくりするほど効果でると聞けば...
です

今度...
SW77
お願いできますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SW77 VS SW7600GR...2:

« SW77 VS SW7600GR | トップページ | DRAKE SW8@ Jazz America♪ »