フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« SONY ICF-SW77 | トップページ | SW77 VS SW7600GR...2 »

2013年1月 4日 (金)

SW77 VS SW7600GR

SW77の後継機であるSW7600GR

新しく仲間入りをしたSW77

Img_6625

両機での受信感度の実力を検証してみました(*^-^)


受信テスト環境は木造一戸建て

そして...

今回の受信感度テストの条件として

あえて内蔵ホイップアンテナで検証してみました


また内蔵ホイップアンテナの長さが異なるので

実寸で計測すると

Img_6641

ICF-SW771m14.5cm

ICF-SW7600GR 94cm


その他で条件の異なるところは

ICF-SW77SONY_ACE60L 6V電源コード

ICF-SW7600GRPanasonic_単三電池×4

などの違いだけになります


さて肝心な放送局ですが

いつも強力に受信できる下記の3局を選びました

受信日時は2013年1月1日で結果は下記のとおりです


☆ICF-SW77

All India Radio_15410kHz_ 45444

☆ICF-SW7600GR

All India Radio_15410kHz_ 25222


☆ICF-SW77

Radio Taiwan International_9735kHz 44444

☆ICF-SW7600GR

Radio Taiwan International_9735kHz 24222


☆ICF-SW77

Voice of Vietnam_12020kHz_35333

☆ICF-SW7600GR

Voice of Vietnam_12020kHz_受信不能


受信機には個体差があると思いますが

ICF-SW7600GRは2012年1月に新品で購入

ICF-SW77においては2012年12月に中古(保存状態良好)で購入

SW77のシリアルナンバーから

2001年が最終製造日なので

1999年〜2001年ごろの製造と推測します


ICF-SW7600GRにおいては

Img_6634

購入時より

自宅で内蔵ホイップアンテナで受信していますが

受信感度はあまり期待出来ず

室内でのポータブルラジオとしてのパーフォーマンスは

正直この程度かなと思っていました


ですので今回の

Img_6632

ICF-SW77のポータブルラジオとしての

受信性能は驚いております


実際に外部アンテナALA-1530S+につなげて

PALSTAR_R30Aと比較受信しても

劣ることはなく

ポータブルラジオよりも

通信型受信機の呼び名のほうがふさわしいでは

と思う結果になりました


次回は再度...

ICF-SW7600GRの名誉のために

内蔵ホイップアンテナが標準装備されている

DRAKE_SW8も参戦して

あらためて

ICF-SW77 VS ICF-SW7600GR VS SW8のテスト

また...

外部アンテナALA-1530S+につなげてもテストしてみます


最後に...

上記のテストは

受信環境やポータブルラジオの個体差によって変わるものなのでご了承ください

またSW7600GRに外部アンテナをつなげたところ...

もちろん受信不能でしたVoice of Vietnamは受信可能となりました


RX:SONY_ICF-SW77
ANT: 内蔵ホイップアンテナ

RX:SONY_SW7600GR_USA
ANT: 内蔵ホイップアンテナ


« SONY ICF-SW77 | トップページ | SW77 VS SW7600GR...2 »

SONY ICF SW77」カテゴリの記事

コメント

新年お目出度う御座います。今年も宜しくお願い致します。

SW-77でしたか。RF-B45同様に電池をバカ食いするので、普通のラジオとは違って手の込んだ回路を採用している可能性があります。PLLですし周波数ズレも少なくて電池寿命以外は使い易いのでは?

SW-55,77は発売当初から注目していましたが、ラジオ雑誌のレビューで”スピーカー周りの形状が独特で、低音が出にくい”様な評価を見た覚えがあり、電池寿命の点と併せて私はパスしてしまいました。
いまICF SW-77のService Manualをダウンロード発注したので、後で回路をチェックします。

スピーカーについては外部スピーカーを繋げばOKなので問題にはなりませんね。経年変化とかは大丈夫なんでしょうか?

shigechan2008さん

明けましておめでとうございますm(_ _)m
今年もよろしくお願いいたします

電池の寿命ですが...
電池は初回のみ動作確認しただけでACE60L 6V電源コードを使用しています
今度一度「モビ」をしようと思っているのでその時に判明するかもしれません

それと...
心配しておりました「周波数ズレ」はまったくありませんでしたよ

スピーカーの形状が独特なんですね?
初めて知りました
低音は満足できるほどに聞こえています

ただし...
BASSは最大の+までダイヤルを回して聞いているので
やっぱり低音が出にくいかもしれません
FM放送を聞く時は「Skysensor_Series」なので大丈夫です(笑)

SW-77の経年変化は
まったくなく...
WIDE/NARROW
SYNC(同期検波)
SSB
などの機能も問題ありませんでした

>ICF SW-77のService Manualをダウンロード発注したので後で回路をチェックします

ありがとうございますm(_ _)m
もし調子が悪くなったら
SW-77の入院先は
shigechan2008さんお願いしま〜す(笑)

こんばんは^^
いいなぁ~、私もほちいなぁ~(ココリコ遠藤風に、(笑))
SW77、流石はバブル期の最高峰、贅沢な仕様ですね。
なるほど、確かにSW7600GRは感度がひくいですか?
設計上、あえて落としているのかもしれないですね。
(イメージ受信対策など)
因みに、私のATS-909Xと7600GRを使った感想ですが感度に関しては909Xが上です。
しかし、微弱な南米、アフリカ方面(特にローバンド)を受信する場合は7600GRの方が
良いです。(外部アンテナ使用)
参考までに、7600GRは乾電池使用時と電灯線使用時でも感度が異なりまして、乾電池だと
結構感度が減衰していました。
あくまで私の環境ですが・・・
PS
SW77は、ETON E1XMと同格かと個人的には想像しています。
定かではないですがE1XMはDRAKEの技術が・・・

bocotawantaさん

こんにちは

この度は興味深いコメントありがとうございました

早速ですが...
あらためて検証してみましたよ

ブログをご覧になってください

SW77はバブル期の最高峰&贅沢な仕様だったんですね(笑)
いいものを入手しましたよ(o^-^o)

モビには最高ですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SW77 VS SW7600GR:

« SONY ICF-SW77 | トップページ | SW77 VS SW7600GR...2 »